MRSについて

運営理念

この法人は、全ての生徒及び児童に対して、ラグビースクールの運営、
ラグビーの普及・振興に関する事業を行うことにより、国際性豊かな
地域社会の活動拠点となり、次代を担える健全な子どもたちを育成し、
これをもってスポーツの振興、青少年の健全育成及び社会教育の
推進に寄与することを目的とする。

特定非営利活動の種類

(1) 学術、文化、芸術又はスポーツの振興を図る活動
(2) 子どもの健全育成を図る活動
(3) 社会教育の推進を図る活動
(4) 前各号に掲げる活動を行う団体の運営又は活動に
関する連絡、助言又は援助の活動

事業の種類

(1) ラグビーの啓蒙・普及育成事業
(2) ラグビーの指導・強化養成事業
(3) ラグビーを通じた青少年の健全育成に関する事業
(4) ラグビーを通じた地域振興に関する事業
(5) ラグビーに関する各種イベント開催事業
(6) その他目的を達成するために必要な事業

概要

活動方針

(1)ラグビーを楽しむ。

(2)どんな時もきまりを守る。

(3)みんなの為に頑張る。

(4)最後まであきらめない。

活動日時

NPO法人

設立趣意書

「NPO法人みなとラグビースクール設立趣意書」

みなとラグビースクール(以下、MRS)は、2009年2月に港区と財団法人日本ラグビーフットボール協会の「連携協力に関する基本協定」締結により誕生したラグビースクールです。
MRSは、日本ラグビーの聖地・秩父宮ラグビー場に一番近い小学校である「港区立青山小学校」の人工芝校庭をホームグラウンドに持つラグビースクールとして、2010年4月に開校しました。

私達は、『ラグビーを通じて、国際性豊かな地域社会の活動拠点となり、次代を担える健全な子供たちを育成する。』という「運営理念」の下、
(1)ラグビーを楽しむ。
(2)どんな時もきまりを守る。
(3)みんなの為に頑張る。
(4)最後まであきらめない。
という4つの「活動方針」に基づく指導を行い、都心部における地域コミュニティの活性化振興および子どもの健全育成に寄与する事を目的として活動しています。

今後、MRSが永続的な発展を成し遂げるには、設立時に携わったメンバー以外の方々にも、MRSの運営理念・指導方針を良くご理解頂き、多くの方に参画を頂かなければいけません。
その為にも、より地域に密着し、透明性の高い運営を手がける組織体にステップアップをするべく、NPO法人(特定非営利活動法人)の法人格を取得します。
現在の任意団体からNPO法人に移行する事により、行政府(東京都)の認証を得た法人として、MRSの運営理念や活動をより多くの方々に発信し、ご理解・ご賛同を頂ける方々が増える事により、MRSを育む輪が広がる事を目指してまいります。
また、財政基盤を確立する事により、より優秀な指導者や良好な活動場所を確保し、指導環境の充実を図り、一貫した指導体制の継続を可能とする土台作りの意味合いも込めています。

今後もMRSは、港区と財団法人日本ラグビーフットボール協会が掲げる「地域に根ざした取り組み」の一翼を担い、国際性豊かな地域社会の活動拠点となって、次代を担える健全な子供たちの育成に寄与してまいります。

2011/9/26
NPO法人みなとラグビースクール 理事長・校長 黒崎祐一

銀行口座

銀行 : 三菱東京UFJ銀行
支店 : 青山通支店(084)
口座 : 普通 0134378(スクール) / 0134409(アカデミー) / 0134438(法人)
名義 : 特定非営利活動法人みなとラグビースクール 理事長 黒崎祐一

 

スクール部門概要はこちら▼
アカデミー部門概要はこちら▼